ブログ運営で広告収入をゲットする仕組みとは?

はじめに

自分のブログに読者がついて、広告収入でお小遣いができるんじゃないか?と思われているひとも少なからずおられると思いますが。

正直言いますが、そんな甘っちょろい世界ではありません。

有名人がやっているような日記系ブログでアフィリエイト収入が得られるとお花畑の奥さん、休日に趣味のブログで大儲けができるとお考えのお父さん。

全然甘いです。

あまっちょろい!

でも、ここではブログ作るのに分けわかんなーい!って人にもわかりやすく、ブログで収益が得られるように解説していくつもりです。

さてさて、このブログもこれからスタートする訳ですが、現時点では、当然広告はついていません。しかし最速でAdSense申請を通過して、早期収益化をしてみたいとおもっています。

どうやってブログで広告収入を得るか

ずばり、ブログをメディアとして読者を集めて、そこに広告を掲載して広告収入をもらいます。

インターネットがない時代から、テレビ・ラジオ・新聞・雑誌などのマスメディアは自らの媒体で広告スペースを売り、広告収入を得てきました。基本的には個人のブログであっても同じことです。

その手段はいろいろとあります。が、あえて言います。まずは、Google Adsense(グーグル・アドセンス)の一択です。

Google AdSenseとは、Googleがサイト運営者むけに提供する広告配信サービスです。種類としてはクリック型(広告がクリックされたら報酬が入る仕組み)といわれるものです。

Google AdSenseとは

何がすごいかというと、Googleの指定したコードをちょこっと埋め込むだけで自動でサイトに広告を掲載してくれます。しかもサイトの内容やサイト訪問者の情報を駆使して、適切な広告を掲載してくれるのです。

広告掲載にかかる手間がかからない上に、読者のニーズにマッチした広告掲示がされることでクリック率も高く、安定して収益を得ることができるのが大きなメリットです。

どこにどんな広告を貼るか考えるのではなく、ブログの内容に注力できる。それがGoogle Adsenseです。

AdSenseの審査について

ただ、そんないいことだらけのGoogle AdSenseですが、だれでも使えるというものではありません。サイトに広告を掲載するためにGoogleの審査があります。とはいってもそう厳しい内容ではありません。大まかにいうと、禁止コンテンツではないこと、ブログとして実績があることです。

禁止コンテンツとは、法令に違反する、公序良俗に反する内容です。ただ、ギャンブル、酒・タバコも禁止コンテンツに含まれるので、いわゆる「呑む・打つ・買う」に属さなければオッケーです。

あとは、ブログの実績です。

「ブログを作ったけど読者がほとんどいない。」

「検索にもひっかからない。」

そんな状態では審査に通らないんじゃないか?と思われるかもしれませんが、ここはあながちそうとも言えないです。

筆者は、立ち上げて1週間で11ページ、総PV100以下のサイトがAdSense審査に通ったことがあります。もちろん検索にも殆ど上がらない状態でです。

よく、3か月以上の運営実績があって、30記事以上必要とかいう怪情報がありますが、そうではないと思います。

Googleアドセンス審査に合格するために押さえておきたい4つのポイント!」はこちら、を参照してください。

他の広告サービスの利用について

ほかのサービスを使えば、ぶっちゃけブログを書いたその日から広告を掲載できるし、運が良ければ幾らかの報酬を受け取ることがあるかもしれません。

しかし、仮に他のサービスで初期に報酬を得ちゃうといろいろと弊害がでてきてしまいます。

一番の問題は、常に収益を気にしてブログ運営をするようになってしまうことです。収益に一喜一憂して、どうすれば広告収入が入るかばかりを考える。そうなったらブログは続かないです。書くのが楽しくなくなってしまいます。

そうしてブログの更新が終わったとたん、広告収入は激減もしくは、なくなります。

一方、AdSense審査に通るための実績の積み方をしていれば、ブログの読者はおのずとついてきますし、安定的なアクセスを確保できるようになれば、半永久的に広告収入を得ることも可能なのです。

大きく稼ぐなら成果報酬型

成果報酬型の広告とは、読者が掲載された広告からの流入で広告主のサイトで成約した場合に報酬が支払われるタイプの広告です。

クリック型の広告とは違い、成果報酬型の広告は1発がでかいです。月に何十万と稼ぐブロガーはまず間違いなく、成果報酬型の広告を掲載しています。

しかし、他に広告があると、Adsense審査に不利になります。(他の広告があっても審査に通過しているケースもありますが)なのでブログを立ち上げた初期は成果報酬型の広告導入は見送ったほうがよいでしょう。

終わりに

といことで、ブログをはじめたらまずはAdsense審査通過を最初のマイルストーンにすると良いでしょう。

文中にもありましたが、「Googleアドセンス審査に合格するために押さえておきたい4つのポイント!」はこちら、を参照してください。

かりに、AdSense審査に落ちたとしてもそこでがっかりしてはいけません。AdSense審査は何回でも受けることができるので、挫けずトライしてください。